カロチノイドは健康効果の高い成分

カロチノイドは健康効果の高い成分であり、様々なカロチノイドサプリメントが店頭に並べられています。人気のサプリメントとして良く売れているカロチノイドですが、副作用も少なからずあるようです。どういった副作用が、カロチノイドには起こりえるでしょう。カロチノイドの1つにβカロチンという成分があります。もしもこのβカロチンをサプリメントで取り入れるのであれば、同時に使っているサプリメントに、ビタミンAサプリメントや、マルチビタミンサプリメントがないかをチェックしましょう。ビタミンAサプリメントには、βカロチンが配合されていることが多いため、βカロチンを取りすぎてしまうことがあります。そのため、カロチノイドのサプリメントと、ビタミンAのサプリメントを同時に使うと、カロチノイドの体内量が多過ぎてしまうことがあります。もしも、βカロチン系のカロチノイドを摂取しすぎると、その症状は手足が黄色っぽくなってしまうだけでは済みません。ひどい場合には肝機能の低下を招く人もいるそうです。ベータカロチンが肝臓に蓄積される為に起こる症状です。動物由来のカロチノイドとして知られているのが、レチノールです。皮膚に湿疹ができたり、おう吐感が強くなったり、酷い頭痛に悩まされることがレチノールの取りすぎにはあります。サプリメントでカロチノイドを摂取する時には、配合成分を確認して、飲みすぎないように注意をしましょう。もしも複数のサプリメントを同時に使うという場合は、カロチノイドや他の成分量を見て、必要があれば医者や販売店のスタッフに話を聞いて、問題ないことを確認する必要があります。